サンポッカサービス株式会社
ホーム 会社概要 取扱商品 業務内容 社会貢献への取り組み 採用情報 リンク集 お問い合せ
社長あいさつ
概要・沿革
所在地一覧
概要・沿革
■会社概要
社名 サンポッカサービス株式会社
所在地 〒463-0052 名古屋市守山区小幡宮ノ腰8番21号
代表者名 代表取締役社長 佐々木 功
創立 1981年11月
資本金 1,000万円
事業内容

・自動販売機による缶入り飲料の販売
・カップ式自動販売機によるコーヒー、ジュースの販売
・オフィス用給茶機、コーヒーメーカーの販売
・その他関係食品及び機器の販売
・観葉植物のレンタル業務

販売地域 名古屋市内、愛知県西部全域、岐阜県、三重県の一部地域
取引銀行 名古屋銀行、UFJ銀行
 
 
■沿革
1981年 11月 インドア職域へのカップコーヒー・スープの自動販売機展開を目的として会社創立
1982年 6月 既設市場に於ける、缶入り清涼飲料水の需要に対応し、缶飲料部門を新たに発足させ事業拡大をはかる
1983年 4月 フロアタイプのカップコーヒー自動販売機展開開始
  12月 自動販売機設置先稼働台数1,000台を突破
1984年   他社に先がけて、コーヒー豆から抽出するフレッシュブリュー自動販売機新加入
1986年 11月 タバコ販売部発足
職域へのトータルサービス体制整う
売上高5億円を突破
1987年 オフィス用自動給茶機開始
1988年 4月 天白営業所開設
ネッスルコーヒーと提携し、オフィス用に、瞬間抽出する本格的なコーヒー“ネスプレッソ”の当地区販売権を獲得、販売開始
1988年 10月 自動販売機設置先稼働台数1,500台に達する
売上高10億円を突破
1990年 4月 岡崎営業所開設
1991年 自動販売機等設置先稼働台数2,000台
売上高20億円達成
6月 一宮営業所開設
1992年 9月 環境対策への取組として自動空缶処理販売機開発
  11月 天白営業所、岡崎営業所を統合し、知立営業所発足
  12月 新社屋完成し、本社移転
1993年 2月 全営業所へコンピュ−ター導入
1994年 4月 オゾンによる空気清浄機の販売開始
  5月 一宮営業所、新社屋完成につき移転
  10月 冷凍食品専用自動販売機による販売開始
  11月 ポッカシンガポール工場にて社員研修
1995年 2月 観葉植物のレンタル業務開始
  3月 「変革の元年」をテーマとした、営業・事務部門の業務改善
1996年   売上高30億円突破
  5月 ワゴンサービス開始
1997年   事務所にパソコン導入
1999年   第2創業年度社内変革、コーヒー飲料激戦となる
2000年   お茶市場の拡大
2001年   ポッカファーストドリップ急伸
2002年   カップ式自動販売機オペレーターに女性進出
ポッカ“オリジナル顔缶”好評
2003年 9月 物流システムのオンライン化開始
2004年   自販機通信システム(ハンディターミナル)導入
2005年   愛知万博への参入
パビリオン…日立グループ館、夢みる山、ロータリー館、国連館
中部国際空港内へ自動販売機設置
知立営業所、新社屋へ移転
海外研修(グァム)の実施
ワゴンサービス事業終了
2006年   京セラアメーバ経営方式の導入開始
京セラアメーバ経営方式によるコンパ(意見交換会)、部門別採算
2007年   UCCオランダ製品 カフェバリオの販売開始
2008年   バリエネット協同組合(NPO法人)結成
当社が副理事として就任
京セラアメーバ経営方式によるコンパ(意見交換会)、部門別採算
ミーティングの実施
AED付自動販売機の導入
災害ベンダー自販機の導入
たばこ事業撤退